ファッション野郎inタイハイム ハンマロード デカドンドリーム編 

 



 お目目、覚醒!!


ジャーン

 そう、レオパルドンといえば、赤!

 赤といえば、エイディア最強と噂だけされている情熱装備っ

 血と汗と加齢臭のなせる装備さ。


ドギャーン

 タイ名:パッション!!

 そのまんま情熱さ。


 私自身が、道行く女性を見れば小学生でも声をかけるほどの情熱家だから、似合って当然なんだけどね。
 (素人は警察を呼ばれるので、やっちゃダメよ)



 しかしなぁ〜

バン

 この英雄的写真を見て、おかしいと思わないか?

 いや、私の顔の造形じゃないぞい。


 額の部分だよ、額!

 後退し始めてるとかはどうでもいいんだが、ちゃんと装備してるパッション・ヘア・バンドが、

ギャバーン

 見えないのよ。


 私のあまりの情熱で、溶けてしまったのだろうか。


 しかし、この背中のパッションウィングは、概ね余は満足じゃ。

ジバーン

 蝶のように舞い蜂のように刺すのが、ガンジー殺法さ。



 そしてぇぇ、

 今週の目玉っ!!


リバーン

 カイゼンリング!!!

 異世界からカイゼンを呼び出す、高等召喚リングだ。


 カイゼンて何やねん、て?

 異次元の世界エルハザードの生き物なんだから、私が詳しく知るわけないでしょ!

 カイゼンという生き物なんですわ。

 納得して下さい!

 (考えるんじゃない、感じるんだ!)



 さらにぃぃぃ

 今週のビックリドッキリメカ!

イダー

 ブレッシング・アース

 大地の祝福。


 生まれた時に甲子園の土で祝福された私だ。

 大地と勇気だけが友達さっ!


 これのスゴイ所は、攻撃力が跳ね上がる魔法だってことだ。

 しかも、

バイーン

 魔法陣が、めちゃ格好いいぜ!!

 こんなにド派手なら、ファミマで期限切れ肉を使ったチキンナゲットを盗んでも、すぐに私だって特定されちまう。



 やべ〜

 色々と興奮して、ケツからアドレナリンが漏れだしてきたぜ〜〜〜〜っ


ベシッ
 バニー姉 : 人の家の前で何ニヤニヤしてるのっ! 邪魔よ!
 レオパルドン : ああん・・



 バニーの一喝で我に帰った私は、さっそく新装備、新スキル、新武器を試し、ハンマカーバルを駆逐するためデカドンへとやって来た。


ゲシゲシ
 レオパルドン : さあ、Newレオパルドンの贄となるがいいわ!!
 カイゼン : 戦術神風ーー!!


 新しいリングのカイゼンの威力は、絶大だった。

 この上から飛来しているコウモリみたいなのが彼らカイゼンだが、ひたすら相手に特攻を仕掛け散っていくその姿は哀愁を漂わせる。


ビュワーン
 レオパルドン : エロイムエッサイム、エロイムエッサイムーーー、い出よ、ジャッカル召喚!!
 ジャッカル君 : 殺、殺、殺、殺、殺すぅぅぅーーーっ!!


 なんて、殺人鬼臭い奴だ!

 カイゼンの神風特攻もそうだが、こいつら血の気多すぎ。

 ビッグザ武道の懐の優しさが、なつかしくなるぜ。


 しかし、こいつら血の気が多いのは伊達じゃなく、実力の方もスカッドミサイル並だった。

リヴァイー
 兵士長 : シャブ&飛鳥に薬を売りつけている奴らは・・・成敗!!
 カイゼン : コカイン、ヘロイン、なんでもござれだぜ!
 ジャッカル君 : 殺すぅぅぅーーーっ!!


 兵士長すら雑魚化するほどの威力と殺意はいいんだが、麻薬密売はやめてね♪

 


 そして、ついに舞台はハンマロード入り口へ!

ドゴン
 骸骨魔導師 : ここは父さん倒産通さんぞ!!
 レオパルドン : 株式会社ハンマロードは今日12:31をもって倒産するのだ!


 でかいヨガフレイムで大歓迎されたが、レベルアップエクスタシーを感じてイッちゃってる私には、蚊ほどにも効かぬわ。


 そうして押し通ると、


ウジャ
 レオパルドン : 出たなツインビー!
 ハンマカーバル : 我が社を脅かす、チビカーバル発見!


 誰がチビやねん?!

 ハゲカーバルの癖しやがってーーっ!


 ついに出会ってしまった宿命の敵、ハンマカーバルズだったが、

 ジャッカル君とカイゼンが火を噴き、一秒後・・・

 


デーン
 レオパルドン : 今日からオレが、カーバルだ!!
 ハンマカーバル : お前があの伝説の・・・レオカーバルなのか・・・我が社の株が暴落っ

 そんなの知らんけどな。


 しかし、ハンマロードを踏破したという伝説は打ち立てさせてもらおうか。


 地図を見る限り、ここがハンマロードの最初分岐点だ。

 人生とあそこが右曲がりな私は常に右から回るが、別に逆の左からいってもいいのよ。

 

 どっちにしても一周してここに戻ってこれれば、踏破完了、覚悟完了さ。


 

 さあ、レオパルドン様の獣王快進撃の始まりだぜ!

コソッ
 レオパルドン : 悪い子はいねーがぁーー
 ハンマ : ヘッドハンティングですか?!

 隠れ潜むハンマ・ハンマを北斗百裂エイでぼこり、



 レオパルドン : (株)ハンマロードの株の80%は、私が買い占めた!
 エキスパ : ハンマ課長、マズイっす! 俺ら首になるんじゃあ・・・
 ハンマ : リストラの際には、まずは貴様から首を切るから私は安心さ。

 

 なんて腐ったブラック企業なんだ。

 きっと部長はロト6を買いに行っているんだろうな。



 さて、

 やっと中間地点くらいの、広間にやってきたが、



 ハンマ : 私は少し休憩する。 あとは係長頼んだぞ!
 兵士長 : 部下へのパワハラの絶えない窓際上司、成敗!!


 やつらの猛攻は激しさを増す一方だ。

 ふっ

 激しいのは好きだけどね♪



 ハンマ1 : 次の部長は、オレだ!!
 ハンマ2 : 次の部長は、オレだ!!
 ハンマ3 : 次の部長は、オレだ!!
 ハンマ4 : 次の部長は、オレだ!!
 ハンマ5 : 今の部長は、私のものよぉ!!

 なんか、あぶねーのが混じってるな。



 後半戦に入ってくると、だんだ奴らも逃げ腰になってきやがった。


 ハンマ : (やべーソロソロ、次の就職先探しておいた方がよさそうだ)
 兵士長 : (課長! 潰れる時は一蓮托生ですよ!)


 

 そうさ、お前らの身の振り方も決めておいたほうがいいぜ〜〜


 そして、最終関門。

 ここは、後ろからの挟み撃ちが怖い所だが、ここまでくれば私様の株価上昇はストップ高よ!



 そしてスタート地点へ!


 ハンマ : (やっぱりあのレオカーバル社だ。 死んだふり、死んだふり・・・)
 レオパルドン : まだここで寝てるのか・・


 ついに・・・

 ついに一周したぞーーー!!


 この数ヶ月

 ただただ、このハンマロードを踏破すべく不毛なレベル上げを続ける毎日。

 耐えたのだ!

 ウンコに行く時間も、バニーちゃんに蹴られる時間もを惜しんでがんばっちゃったのよ。


 そう!

 これこそが、ハンマロード踏破の瞬間っっ!!



 うおおおお


 闇兵士 : く、クレイジー・エイが・・・・っ!

 感激のあまり、私は気づいたらデカドンを飛び出し、デカルティ平原に躍り出ていた。



 本能のままに突っ走り、

 今は廃墟となっているロイマル神殿(フィラデルフィア美術館)で、



タタッ

 階段を(ジョギングで)登り!



 頂上でぇぇぇぇ!


 振り返ってーー



 エイドリアーーーーン!!



 明日はどっちだ?!

 

 


 

  

ファッション絵巻き トップページ

トップ


inserted by FC2 system